帰国(香港から新千歳空港)

投稿日: 2018年5月11日

3日、香港での4泊5日から帰る日です。

朝早くにホテルにバスが迎えに来てくれて、空港まで行きました。

     

キャセイパシフィック航空のラウンジです。
とても広くて、明るくてきれいなラウンジでした。
あまり時間はありませんでしたが、軽くいただきました。

そして、Breakfastです。

久しぶりにコーンフレークを食べました。

朝の便なので、アルコールはありませんでしたが、
ジュース、コーヒーなどいろいろいただきました。
ボリュームがあり、BreakfastというよりBrunchというような感じでした。

後は、映画を観ながら日本を目指しました。
行きはリメンバー・ミーを。
帰りはラストレシピを観ました。
どちらも、最後の展開は予想外でした。

     

新千歳空港に着いたら、気温が11℃でした。
これまで30℃の世界にいたので、とても肌寒く感じました。

以上で、4泊5日の香港・マカオの旅日記を終わらせていただきます。
お付き合いありがとうございました。

ちなみに最初はこちらの一番下です。

カテゴリー:

香港の夜景

投稿日:

4日目の夜にして、やっと香港らしい夜景を撮ることができました。

最初の日に観たシンフォニー・オブ・ライツも、今日のほうがはっきり観えました。

ただ、雑誌などに出ているような写真は撮れないですね。
その分、目に焼き付けてきました。

カテゴリー:

マカオタワー、カジノ

投稿日: 2018年5月10日

昼食の後は、マカオタワーへ行きました。

足元は本物のガラスで下が丸見えです。

世界一高いところからのバンジージャンプをはじめ、いろいろなことをすることができます。

 

ちょうどバンジージャンプの場面を目の前でみることができました。

さすがにバンジージャンはできそうもありませんが、スカイウォークならやってみたいと思いました。

そのあとはカジノへ行きました。

ここから先は撮影禁止です。
中の雰囲気に興味を持たれた方はネットのこちらを開いてみてください。
昨年のシンガポールで初めてカジノへ行きました。
その時は圧倒されて、見物だけでしたが、
今回のマカオでは少しだけ遊びました。

そしてまた船で香港へ戻りました。

     

潮州料理をいただきました。
私にはよくわかりませんでしたが、味はおいしかったです。

そのあと、ホテルまで送ってくれるプランだったのですが、
時間があったので、そこで解散して、
二人で買い物へ行きました。

そのあと、タクシーにも挑戦してみました。
(大丈夫でした)

カテゴリー:

マカオへ

投稿日:

2日、香港4日目は朝からマカオへ行ってきました。

     

ターボジェットという船で約1時間です。

隣町へ行くような雰囲気ですが、一応は別な国なので、パスポートが必要で、入出国手続きも必要です。

マカオでは世界遺産めぐりでした。

聖ポール天主堂跡です。跡といくらいで、火災で正面のみ残っていました。

名物のエッグタルトを食べました。

     

聖ドミニコ教会です。中に入ることもできました。

テレビにもよく出てくるセナド広場です。

元ポルトガルだったらしく、色彩がとても鮮やかでした。

媽閣廟 という、マカオの地名の由来の中国寺院です。

向こう側は中国で、とても近くに見えました。

昼食をいただいたあとは、マカオタワーへ行きました。

カテゴリー:

オープントップバスでビクトリアピークへ。

投稿日: 2018年5月7日

夕方からはオープントップバスツアーでした。

まずは小籠包をいただきました。
実は、私はキュウリが苦手です。
サラダに入っている程度の細いものなら少しは食べることができますが、
写真のキュウリはすべて妻に食べてもらいました。

オープントップバスとはバスのオープンカーのようなものです。

こんな感じで市内観光しました。
初めての体験でした。

     

そして、山麓駅からピークトラムというケーブルカーで山頂を目指しました。

ビクトリアピークからの夜景です。
高いところに上ってばかりいます。

こんな姿で撮ってました(笑)。

マダムタッソーの前でブルース・リーと記念写真です。
時間があれば、もっとたくさんの人と記念写真を撮りたかったです。

そしてツアーバスで、ホテルにもどってきました。

カテゴリー:

スカイ100

投稿日:

<下町>のあとは、またバスで移動して、
香港一高い超高層ビルであるICCビルの100階にあるスカイ100へ行きました。

このビルには高級ホテルであるザ・リッツ・カールトン・香港が入っています。

ビルには高級ブランドショップが並んでいました。

入場料を払って、エレベーターに乗り、地上393mの世界です。

 

360度パノラマが広がっていて、遠くまで見えました。

天気も良くて素晴らしい眺めだったので、ダイビングしてパラシュートを開いてみました(笑)。

思わず足がすくんでしまうようなところもありました。

実際は写真のように模型です(笑)。

カテゴリー:

ホテルの朝食とバスで旺角へ

投稿日:

5月1日、香港での3日目です。

朝のホテルの部屋からの景色です。
今日もいい天気の日になりそうです。

ツアーにはホテルの朝食はついていなかったのですが、ゆっくりとした食事をしたかったので、
ビュッフェをいただきました。


高いだろうとは思いましたが、二人でサービス料も含めて一万円を超えました。
でも、食事だけでなく、フルーツもジュースもおいしくて、本当にゆったりと食事をいただきました。

夕方までフリーだったので、
今度はバスに乗って旺角~太子のほうへ行ってみました。

ローカルといいますか、下町です。

金魚街で、なんとビニール袋に金魚が入って売られていました。

前の日の夜に行った女人街はまだ開店準備中でした。

これは男人街で、こちらも開店準備中でした。

     

香港の建築現場のいわゆる足場なのですが、で組まれていて、
その一番下が写真のようなのです。
これで本当に大丈夫?と思ってしまいましたが、
ガイドさんによると、ある種の文化遺産だそうです。

カテゴリー:

女人街と夜景

投稿日: 2018年5月4日

朝からの市内観光のツアーの後は、ホテルへ戻りました。

途中でガーデン・オブ・スターズへ偶然、通りかかりました。
香港映画のスターたちの手形がたくさんありました。

ブルース・リーと記念写真です(笑)。

部屋で一休みしてから、外にでました。

毎日8時から始まるシンフォニー・オブ・ライツを観ました。

ギネス記録にもなっていて、とても楽しみにしていたのですが、少々物足りなさを感じました。

今回は香港空港で便利なオクトパスというICカードを購入して、
バスやMTRで自分たちで移動してみました。

     

女人街へ行ってみました。

異次元の世界でした。

夕食場所を探しながら歩き回り、あるお店に飛び込みで入りました。

     

ワンタン麵と小籠包をいただきました。
おいしいお店、そして安心して食べることができてよかったです。

そして、またMTRに乗り、ホテルへ戻りました。

途中、セブンイレブンに寄ったのですが、
ここでもオクトパスカードが使えて便利です。

ホテルへ戻ったら、お風呂に入ってバタンキューです。

カテゴリー:

パワースポット巡り

投稿日:

別世界のようなノースポイントからはパワースポットの天后廟へ。

 

       

色鮮やかないろいろな神様がいました。
これまで、風水やパワースポットをあまり気にしてはきませんでしたが、
これからは少し気にしてみることにしました。

遠くにですが、ジャッキーチェンの豪邸が写真に写っています。

バスに戻り、スタンレーマーケットへ移動しました。

香港名物の花文字を画いてもらいました。

昼食は飲茶でした。

      

ここでもお腹いっぱいになりました。

そして、さらにパワースポットである黄大仙へ行きました。

     

私も線香を3本立ててお祈りをしました。

十二支の神様で、イノシシはなくてブタだそうです。

そして再びバスに乗りペニンシュラアーケードへ移動しました。

ザ・ペニンシュラホテルといえば、ロールスロイスです。
ホテルの前に高級車が停まっていました。
アフタヌーンティーのところには長い列ができていました。

そして、最後の目的地である免税店へ移動して、今日のツアーは終わりました。

カテゴリー:

朝粥からフェリー、トラム観光

投稿日:

香港での最初のツアーは市内観光です。
バスがホテルまで迎えに来てくれて、まずは朝食のお粥を食べに行きました。

香港では自宅で朝食の習慣がなく、
お店でお粥などを食べてから会社へ向かうそうです。

   

 

鮑と鶏肉が入っていました。
意外にもお腹いっぱいになりました。

食べた後は、時計塔で記念写真を撮り、スターフェリーに乗り九龍島から香港島へ行きました。

 

香港島も超高層ビルが並んでいました。

曇ってはいましたが、気温は30℃あり、半ズボンにポロシャツです。
写真はトリックアートではなかったのですが、面白くて撮ってもらいました。

バスに乗り、利東街へ。

  

アーケードのようなところを歩きました。

次はトラムという2階建て路面電車に乗りました。

春秧街ノースポイントへ移動しました。

トラムの中からの街並みの風景です。

写真は果物ですが、肉、魚もあり、個人的にはリアルすぎてで写真を撮ることができませんでした。

カテゴリー: