月別アーカイブ: 2018年4月

ロゴマーク

投稿日: 2018年4月28日

クリニックのロゴマークはSUEOKAのSの文字を聴診器にしているものです。

これは、開業するときに6年生だった次男が考えたものを、
プロの方がデザインしてくれて、私のお気に入りです。

それを、今日、年長さんの女の子がビーズで似たものを作ってくれて、プレゼントしてくれました。

びっくりです。ありがとうございます。

大切にします。

カテゴリー: クリニック

バースデーケーキ

投稿日:

実は4月9日で59歳になりました。

クリニックでは、スタッフが今年も素敵なケーキを用意してくれました。

   

みんな、ありがとう!

カテゴリー: クリニック

想像を超えたサービス

投稿日: 2018年4月27日

今回の福岡で2泊お世話になったのはホテルニューオータニ博多です。

大島修治さんからいただいたケーキを部屋で食べるために

最初の日に「ケーキを食べたいので、カットするナイフと二人分のフォークとお皿をお願いします。」とフロントへ電話すると、

すぐ手にもって部屋まで来てくれました。

大きくて立派なケーキだったので、

一日で食べきれなかったので、残りを部屋の冷蔵庫へ入れました。

翌日の朝に部屋を出るときに

「もし、清掃の後で、きれいなフォークとお皿があったらすごいよね」というと、

妻は「それはないでしょう。」と。

その通りで、2日目の夜に帰ったらきれいに片付いていました。

そこでフロンへ「ケーキを食べたいので、二人分のフォークとお皿をお願いします。」と連絡しましたが、

今度はなかなか部屋に届きません。

しばらくしてその遅い理由が分かりました。

なんとルームサービスのように、テーブルごとセットが届きました。

しかもお水まで用意されていました。

これには驚きました。

想像を超えたサービスでした。

ホテルニューオータニ博多さん、すごいです!

チェックアウトするときに、支配人さんへのお手紙にもちろんそのことを書いて、

フロントへ渡しながら、もう一度お礼を述べさせていただきました。

ロビーの壁の絵をみて、以前医師会で宿泊したことを思い出しました。

カテゴリー: ブログ,

太宰府天満宮

投稿日: 2018年4月25日

数年ぶりに太宰府天満宮に行きました。

雲ひとつない青空でした。

土曜日でしたが、それほど混んではいませんでした。

学問の神様の菅原道真公息子と同じ誕生日だったのには驚きました。

息子が道真公と同じ誕生日ですね(笑)。

カテゴリー:

大島修治さん

投稿日: 2018年4月24日

福岡では学会へ行った後、以前からお会いしたかった人に会いに行きました。

大島修治さんです。

「人生逃げたらあかん」を読んで感動したので、
ご本人にメールを出させていただきました。

すると返事とともに、
ラジオ深夜便のCDを送ってくれました。

こんなすごい人生が本当にあるのでしょうか?と思うような大島さんの人生です。

そのあと、何度かメールや電話でやり取りをさせていただいて、
今月学会で福岡へ行きますとご連絡させていただき、今回のことが実現しました。

写真は大島さんの会社です。
もちろん持参した本にはサインをいただきました。

大島さんの右手と握手することが夢でした。

2時間マンツーマンでセミナーを受けたような、とても充実した時間を過ごすことができました。

帰りに大島さんからバースデーケーキをいただきました。

ホテルでおいしくいただきました。

カテゴリー: ブログ

孫と飛行機

投稿日: 2018年4月23日

20日(金)から日本小児科学会に参加するために福岡に行ってきました。

今回は長男家族も一緒で、新千歳空港のカウンター前に集合しました。

そして、ベビーカーなどの荷物を預けてラウンジに入りました。

1歳1か月の孫は、実はすでに今回が3回目の飛行機です。

もちろんわれわれとは初めての空の旅です。

乾杯しました。

お腹いっぱいにして、飛行機の中では寝ていただく作戦です(笑)。

新千歳空港では何人かの関係者と会いました。

飛行機の座席は長男家族と離れましたが、
なんと、隣がK先生だったそうです。
事前にご挨拶をしていてよかったです。

孫は着陸の時に、少しぐずりましたが、あとは寝ていて静かでした(笑)。
前のほうの座席のわれわれにも声が聞こえてきました。
ぐずった時も、隣のK先生は温かく見守ってくれて、息子たちはほっとしたそうです。

無事に福岡空港に着いて、それぞれのホテルに向かいました。

チェックインの後は、学会場である福岡国際会議場へ行き、まずは学会です。

カテゴリー:

娘の手料理

投稿日: 2018年4月17日

東京から帰省している娘が晩御飯を作ってくれました。

私が帰った時には、すでに完成していましたが、
話によると、なかなか手際よく作ったそうです。

私がいうのもなんですが、おいしかったです。

カテゴリー: ブログ